09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

北の趣味人 

  // 

基本は物作りが好きで 模型作りをメインとしてますが季節によっては旬の釣り、キャンプ、狩猟などを楽しんでいます。

D51製作その13 

動輪周りの組み立て完成です。

以前から第一動輪の止めネジが緩み 閉めると動輪が回らなくなり ちょっと緩めれば今度はネジが外れてきて
各部に干渉し 更にある程度動作確認で前後するとどこかの動輪が歪み 渋みがでたら動かなくなるという悪循環で困り果てていました。

自分なりに検証した結果 止めネジの問題は ワッシャーが中に入っているのにネジを締めたらワッシャー毎締めてしまうので意味なし!・・・普通はここはベアリングですよね~

ゆるんで抜けて干渉するのはここは完全に埋没する皿型ネジなのに ただ皿型ネジをつけているだけなので
1ミリほど皿の部分が飛び出て意味なし!・・・第三動輪みたくネジ頭が埋まるように掘り込んでいないとね~

最後は 実機では知らないがこの模型では動輪軸の遊びが多いためグラツキがヒドイ!
片側の動輪が全部つながっているのでどこか歪みが発生すると全部歪み 渋くなり動かなくなる。
そのまま力押しで回すとますます歪みまるっきり動かない。逆転させると回復する時もあるが・・・

マジで20万近い模型でこれはダサすぎますよ。
毎度文句ばかり言ってますが 私は金額に比例して精度は上げるべきだと確信しますし リアルな仕事でも適当な奴は大嫌いです。


仕方ないので ネジに関しては皿の厚みを半分にして更に角をペーパーつけました。(専門用語?斜めに薄くするという意味ですね)
ネジの緩み防止は メガネに使うネジロックを使用しました。
間違っても 瞬着はだめですよ!二度と取れなくなるかもしれませんから。

これで第一動輪の動きと干渉がよくなりました。

ベアリングはないので 神頼みとして CRC-Xを角動輪軸に噴射! CRCの強力版でお値段3倍します^^;
これが効きました。

全て動作がスムーズです。
床の上で強く押したら 勢い良く1M以上走って行きます^^えがった~!

DSCF6118.jpg
DSCF6117.jpg

それとLEDの球切れ確認です。
LEDは自分で得意とする分野ですがこの手のオレンジは使わないので在庫がありませんから確認しました。
3V~4.5Vでテストするにしても 大体100~200Ωあれば充分です。

LEDというものは アバウトでいんですよ。
抵抗が強ければ点かないし 少なければ焼けるだけ。
では真ん中のレンジはピッタリでないといけないのか?というと そんなことありません。
かなり幅があります。

私は単4X3本で4.5V に対し180Ωでテストしました。
結果は次の画像です。
DSCF6119.jpg

画像ではちゃんと明るく点いてますが 実際にはけっこう暗いです。
高輝度タイプに変えようかな~と思案中でが・・・・^^;
スポンサーサイト
D-51を作る  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

D51製作その12 

今回は動輪4個揃いましたので 一気に塗装しました。
これで やっと何を作っているかわかるようになり 製作にも力が入ります。^^

無塗装は組み立ての都合上 限界が来ましたので 下回りを塗りましたがアイアンとフラットブラックで3対1
で配合してブラシ塗装です。

DSCF6107.jpg
DSCF6108.jpg
DSCF6109.jpg

色合いは当時の実車はもう少し赤みがあって サビも多かったのですが模型ですからこんな感じで満足です。

どうして全部塗装しないのかって?それはこれから続々パーツが合体するのである程度 加工なども終わってから
一気にしたいと思います。
そうしないと 塗装ははげるし(おっと禁句かな^^;)何回も塗装しなおすと段になったり塗装が厚くなるので・・

スマホを置いてみましたが この大きさハンパでないですね。
ハイボードの上に保管してますが これが足に落ちたら ケガは免れないので輪留めはしっかりしてますよ^^

では今週末は27号から製作します。
D-51を作る  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

D51製作その11 

久々の製作です。
D51とブラックパールは怒涛の如くたまっていきますし F-14もホコリをかぶったままですし・・・

今回は面倒くさ~い18号の大量リベット打ちからです。
老眼なのと こういう小さくて同じ物を延々と作業するのは
嫌いなんですよね~TT

DSCF6102.jpg

19号と合わせても どこが変わった?と思うほど進みません。
6万近い金払ってこれですから なんぼ儲かってんねん!!


先行発売地域はどこまで進んだのでしょうか?
気を取り直して 20号以降の荷いバネなどちょっとめんどい? いえいえリベット打ちから見れば
楽しいっすよ~^^

DSCF6103.jpg

22号までこれですからやっぱ変化がなくてはね~

DSCF6104.jpg

DSCF6106.jpg

今回はここまでです。

この先は3箱連続動輪がついてますので 一括塗装する事にしました。

そろそろ ボディ含めて全塗装の時期が来ましたかね~自分はこだわりの先輩達と違って 外観をある程度追加改造出来れば充分ですので気が楽なんですが・・・・ブラックパール号と一緒に貯まっている山を見るとは~・・・ため息しか出ませんTT
D-51を作る  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

D-51製作その10 

土曜日に確か17号が入荷したよ~っていう連絡が本屋さんからありました。

早速中を開けたら「こりゃ塗装前に本組はできんな」というパーツでした。
設計図にもあとでバラスからきつく閉めるな!と書いており しゃーない シャフトを真鍮からステンに置き換えるか、ついでに動輪も塗装しよう!更にフレームも塗装するか とやり始めました。

ステンメッキは例のS字フックをサンダーでぶった切って面取り・・・OK!なれたものです^^
ついでにメタルパーツはプライマー吹いて 塗装しました。
赤はまだちょっと明るすぎるかな?

DSCF5951.jpg
DSCF5952.jpg

動輪は最初から予定していたアイアンで行きました。

DSCF5953.jpg

おお~~~GOOD!! 
早く形になることを切に願います。^^:

D-51を作る  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

D-51製作その9 

今日も雨・・・ず~っと雨・・・いやですね~
どこにも行く気が起きず 昼近く起きて来て(朝6時には犬の散歩とかしてますよ)昨日の続きのデティールアップをしました。

先輩方がやっている煙突まわりを実物写真見ながら フランジタイプで作る事にしました。
物はズバリ扱いやすい 丸ハンダを使用します。自由に曲げられ狙ったRのとこで切断 断面を研磨し4㎜ワッシャーで・・・って全然だめじゃんTT 大きすぎます。

ホームセンターで3mmと2㎜ワッシャーを買ってきたところ 2㎜が良い感じです。^^
あとはWAVEのダミーを貼り付けて・・・これが老眼には地獄ですよ。

DSCF5936.jpg

角フランジでどうしてもダミーが貼れない所は プラ板で延長してダミーを貼りました。
画像中央に見える 既存のボルト8個ですが これは高ボルトなんでL字六角を切断して取り替えようと思ったのですがこれがメチャクチャ硬いので 断念しましたTT

DSCF5937.jpg
DSCF5938.jpg

反対側は既存ボルトを削り落としてダミーを貼りました。
ええ感じですね^^

では 全体像です。

DSCF5939.jpg

D-51を作る  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top