07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

北の趣味人 

  // 

基本は物作りが好きで 模型作りをメインとしてますが季節によっては旬の釣り、キャンプ、狩猟などを楽しんでいます。

スカニアR620 製作その8インパネ周り 

う~ん、全然進んでおりません。

室内で塗装する気になれないので(シンナー中毒のため)外で缶スプレーで
下地吹いたのですが これがブラシとは違いうまく吹けず垂れまくり・・・

しかもスクラッチで作ったところの合わせ目で大苦戦・・・・

CIMG0108.jpg

次は電飾の穴あけと他にたくさん・・・しかしえらいことやってしも~た・・・・TT ドアなんか開けなけりゃよかった。とほほほ・・・
スポンサーサイト
スカニアR620  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

スカニアR620 製作その7 インパネ 

この手の室内は簡単なインパネとシートがあるだけで 他はなにもないんですね。
もちろんドアは開かず 中は配線がいっぱいというのが通常ですね^^;

今回はドアを開けてしまった以上 室内を作らなければいけなくなりました。
本物そっくりとは無理な話ですが ある程度の物を作り 努力したんだな~そう思える範囲で作りたいと思います。

まずはフロアパネルですね。
トラックに乗っていた方はわかると思いますが フロアパネルは1枚・・・・ですがスカニアは外車・・・しかも模型で中に
マルチファクションやら受信機を設置しなければいけません。
現段階では寸法が決まらないので 大体の目安で作ってみました。

CIMG0093.jpg

こんな感じでシートの後ろにはデカイベッドがつくはず。

そしてシート。
シートはフロントパネルから伸びてきた角状のプラパーツに乗るというおそまつさ・・・本当はシートの下にはエアサスペンションが組み込まれている部品があるはずなので膝下の分高さを作らねばいけません。
まあこれは後でとなりますね。

インパネ周りもフロントガラスと隙間があり かっこわり~ので先にこちらを作る事にしました。

CIMG0094.jpg

イメージでつけてみますがうまくいきませんね。

CIMG0095.jpg

何回も切り出して やっと形があいました。
瞬着で形は作ったので 隙間を埋めます。
パテにしようか迷ったのですが ブラック瞬着で埋めることにしました。
これだと盛れますからね^^

ほんとカタツムリより速度が遅くて夏までに完成するのだろうか?

スカニアR620  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

スカニアR620製作その6 ドアを切り抜く 

外国の凄腕モデラーがドアが開くようにして内装もバッチリ決まっていてマネしたくなりました。
ただその人はDIYではなく すべて既製品で固めているので 販売している所があるのだろうと探しましたがみつけられませんでした。

ならば 自分はドアを開けて簡単でもいいから内装作って フィギュアでも乗せたいと思い タガネでドアを切り抜くことにしました。
ところが 普段やっているスジ彫りとは違い 肉厚のため悪戦苦闘・・・つい力んでしまい 「ポキィ!」
やってしまいました。

3年間大切に使ってきたタガネが・・・・折れるときは先端だと思ってましたが根の方で折れましたTT

CIMG0092.jpg

今までのは0.2ミリだったけど今日発注したのは0.15ミリ・・・今度はもっと先がいのでより気をつけなくちゃいけません。

皆さん タガネは焦って使ってはいけませんよ^^;
スカニアR620  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

スカニアR620製作その6 煙突マフラー試作 

あるスカニアのプロ製作者の作品を見て 自分も似た様な煙突マフラーが欲しくなり自作しました。

使ったパーツは直径9.5mmのステンレス管とステンレスパンチング材0.1mm ステンレステープ、コの字アングル

電動工具は150㎜ディスクグラインダー&ステンレス用切断刃、グラインダー粗目、ハンドリューターに切断刃・・・瞬着ですかね。

パンチングは30cmの長さで直径13㎜のステンレス棒に巻きつけ 丁度輪になるところで切断して瞬着固定

コの字アングルを半分で切断した後 9.5mmステン管に瞬着固定・・・(ここは後でハンダ付けしないとよわいですね)

パンチングと内管9.5mmではスカスカなので ステンテープをグルグル巻きにして借り止め(これも後でワッシャーかなにかをハンダ付けした方が見栄えがいいですね。

ともあれイメージに近く出来たのでほぼ満足です^^

CIMG0088.jpg
CIMG0089.jpg

昨晩寝ながら もっとスマートに作れないかと思案して今朝 実行してみました。右側が試作2号!我ながら自画自賛^^

CIMG0090.jpg
スカニアR620  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

スカニアR620 製作その5 

ここ数日ヒマさえあれば イニシャルDを見ていたので作業が遅れました。^^;

今日はオートサポートレッグにつながる カプラーの調整ですね。
得意の真鍮線を加工したり サーボシャフトのとおりみちを作る為に穴開けたり削ったり・・・相変わらずプラモデルではないですね~

CIMG0079.jpg

サーボの位置が全然違うのは大きな意味があるのです。
基本通りにつけると サーボホーンとシャフトなどがボディから飛びでてカッコ悪いので移設しました。
この手のトレーラーを作った事がある人は解りますよね^^

やっと全体像が見えて来ました。

CIMG0077.jpg

もうすぐキャビンに行けそうです^^
そして 今回手に入れた TOPルーフです。

CIMG0081.jpg

実際は合いが悪く かなりのビス穴を変更しました。
大枚はたいているので 合い位ビシッとしてほしいものですね。
スカニアR620  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top