01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

北の趣味人 

  // 

基本は物作りが好きで 模型作りをメインとしてますが季節によっては旬の釣り、キャンプ、狩猟などを楽しんでいます。

ティーガー1制作その2 

今日はだいぶ有機溶剤アレルギーがおさまってきたので作業再開です。

片側しか止めてなかったピアノ線を反対側も加工して固定しました。
今日の作業で感じた事なのですが 転輪をつけるためいじっていると サスペンションアームにピンバイスで穴開けてピアノ線を瞬着で固定しているのですが 中で瞬着が外れてしまい 何度もやり直してロスタイムがかなり出たことですね。
これは今後解決策を考えないといけないなと思いました。

CIMG1767.jpg

片側に切れ込み入れてギヤシャフト入れるのは 子供の頃作った戦車が同じような構造だったと記憶しているからなんですが
サイズがピッタリには驚きました。
シャフトの位置を当初 Aタイプでやっていたのですが どうしてもうまくいかずBタイプに変更しました。

CIMG1768.jpg

上からみるとこんな感じでいじった所は Bタイプにしたためギヤボックスを逆さまに入れたこと。
弊害として ギヤボックスビス固定の部分が邪魔するのでカットしたことですね。
動力はチラッと見えてますが 4.5Vで行く予定でこれまた電池ボックスがぴったり入ります。

CIMG1771.jpg

転輪をつけてみました。
軌動輪シャフトが5㎜長いので明日カットしようと思います。

CIMG1772.jpg

サスペンションはかなりよく動くのですがあまりやるとまた外れたら嫌なので出来るだけ触りたくないですね。^^


平成30年 あけおめでございます。 

皆様 遅くなりましたがあけおめでございます。

でも 我が家はおめでたくないです。
一昨年12月22日 愛犬のプリンちゃんを亡くし 昨年12月29日 今度は愛犬のガイ君を亡くしました。
犬というのは13歳が一つの壁なんでしょうか・・・辛いです。

さて 最近書き込みもご無沙汰で 模型ネタがありませんでしたが 昨年末にガルパンのDVDを全部借りてきて見直した所
もう 大ハマリとなりその中でも 主人公の姉が乗るティーガー1(タイガー1初期型)がどうしても作りたくなりアマゾンさんに発注
ホントはねユニコーンとF-15が先なんですが ここは一つ鉄は熱いうちにというのでね^^;

タイガー1プラモ

CIMG1761.jpg

ネットで可動化検索すると 0.5㎜のピアノ線を使うと出ていたので早速マネました^^
サスペンションアームには取り付け角度があるので ピアノ線をアームと平行に曲げれなくて大変です。
しかも片側8本あるので皆同じように付けなくてはいけません。

タイガー1ピアノ線

ピアノ線は直角に曲げて 固定しなければいけないらしいのでプラ板で押さえました。

ただ、私は有機溶剤アレルギーがあるので ちょっとの瞬着でも臭いをかいだだけで鼻水とくしゃみが数日続き辛くなります。
一応防毒マスクつけていたのですがやはりアレルギーが出ました。TT

可動化するには動力がいりますので 昔懐かしい自作キットも作りました。

CIMG1760.jpg

子供頃こんなようなギアセットを使った戦車プラモ作ったような気がします。

そして履帯(キャタピラ)もキッと付属のゴム?ではなくてホワイトメタルの重厚感ある物をアマゾンさんに発注。

CIMG1757.jpg

片側110個のパーツを1個ずつ穴開けていくのもトータル5時間位かかりすんげえ大変でした。

タイガー1サスペンション

こんなこと冬の除雪業者やっているから出来るような物で夏ならできませんね。
あ、可動化でも予算的にRCは無理ですから^^;






スキマー用のエアストーンを作って見る 

海水魚水槽を立ち上げてから最近 泡立ちがちょっと・・・
規定の位置まで泡だっているのですが そこからいくらエア全開にしても泡が上がってこない。
どこも 異常はないようだが やはりきになるんですよね。
ネットで調べると エアストーンの目詰まりがそろそろ発生してきているようだ。

エアストーン市販品を買うとなると 500円位かかる。
ネットではオキシドールで洗えとか書いてあるけど 毎回はめんどい。
なら 作ってしまえと 杉の板きれを購入・・・・1本200円

市販品は2㎝X4㎝の角柱・・・(こりゃスライド丸ノコの出番だな)

CIMG1746.jpg

CIMG1747.jpg

はい、13個取れました。
海童河童純正なら40本近く取れたかも^^;

CIMG1748.jpg

ドリルで75㎜のキリを使い深さ35ミリ開けたら完成
しっかり24時間水に浸せばいいそうで 単価15円・・・・市販品500円・・・

正直 ぼったくりですねーー;

海水魚水槽に生き物がやってきた。 

最初はヤドカリ、そしてサンゴのスターポリプ

メインがいないのでルリヤッコを入れたのですが これがなんと餌付けが出来ていない状態だったため 隠れて出てこない!
カクレクマノミならぬカクレヤッコ!^^;
そんな奴も3日もすればちらちら出てくるようになり 楽しませてくれるようになりました。

CIMG1725.jpg

CIMG1727.jpg

このルリヤッコはヒレの先が綺麗なメタリックな青紫のような色で光るんです。
綺麗!!

それと マンダリンが欲しかったので注文すると 数日でお店に入荷したのですが元気がなく 数日でお店の水槽内で死んでしまいがっくし!
ネットでも入荷直後の状態がよくないとすぐ落ちると聞いていたので やっぱかと。

でも お店の別水槽に長期飼育されているマンダリンがいることを知っていました。
それはスポットマンダリン。

supoma1204.jpg

本当はノーマルマンダリンが希望だったのですが これはこれででしゃばらなくていいな~と。
地味にチョコチョコと出てきてはエサをついばんでいて つい見入ってしまいます。^^

それと忘れてはいけないのが飛び出し防止。
この水槽にガラスフタがついているのですが いろんなホースやらなにやら入っているので隙間だらけ。
ちょうどプチプチが水槽のそばにあったので 廃品利用で使いました。
まあ ないよりはましまかと^^;

CIMG1720.jpg
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

小さな海水魚水槽 

北海道は今 冬へ突入しようとしてます。
そのため 戸建てをお持ちの方は庭木の冬囲いや越冬野菜の埋め込み、タイヤ交換など大忙しですよね?
我が家も そんな大忙しで模型作りも止まっています。

ユニコーン再会しようとしているのに、なぜかまたお魚を飼いたくなってきて準備はじめました。
今回はなんと 人生初の海水魚です。
水槽はデカく!と言いたいのですがスペースの問題で45㎝水槽でやることにしました。
人工海水は知っていたのですが 泡で汚れを取るスキマーという装置が必要なそうな。

そんな装置高いだろうな~と思っていたら なんとか河童という商品名の外掛けフィルターにスキマーがドッキングした物がありそれを使うことにしました。
それでも 濾過が不安だったので 外部フィルターを追加で装備して水量の拡大もやり、あとはサーモヒーター・・・これがなんと物置にしまっておいたら ネズミにかじられ使用不能・・・・くっそ~!
デスモアという毒エサでやっつけてやりました!

どうしてわかったかというと今朝 ニワトリにエサをあげようとしたら 水入れ容器に巨大なネズミの死体が・・・
ビックラこきました。
しっぽを入れないで 全長20㎝オーバーのドブネズミです!
画像取り忘れました^^;

約6000円の余計な出費ですがサーモヒーターを購入して設置

CIMG1710.jpg

右上にスキマーが見えますね。
ここから汚い泡がエアーチューブを通って下の菌糸瓶にたまります。

CIMG1709.jpg

CIMG1711.jpg

まだライブロックしか入っていませんが 来週にはサンゴと小さな?お魚が入る予定です。
えっ? イソギンチャクとニモじゃないのか?
最初はそれで行こうと思ったのですが いろいろ調べるうちに それは求めていないことに解ったのでやらない事にしました。
生体が入ったらまたUPいたしますね^^